子どもと学びとわたし

保育士ママが子育てや教育について考えてみる

保育園で子どもたちに人気の絵本【ワールドライブラリー】

 

子どもに絵本を買ってあげたい、でもどんな絵本がいいんだろう?

と悩まれている方、いらっしゃるかと思います。

 

絵本は大人でもけっこう好みがあったりするので、おすすめの絵本といわれても、いいな、と思うものもあれば、ちょっとなー、と思う本もありますよね。

子どもはものすごい気に入ってるけれど、大人的にはちょっと…

親としてはこんな絵本を読んでほしい!と思って買ってみたけれど、子どもはちっとも読んでくれない、なんていうことも。

 

絵本はけっこう高かったりするので、購入したらやっぱり子どもには楽しく読んでほしい、と思いますよね。

 

そこで、保育園で人気の絵本を紹介します。

保育園では子どもの年齢に合わせて、様々な絵本が置いてあります。

わたしが働いている保育園では、子どもたちが取り合いのケンカになるほど人気の絵本があるんですよね。

 

それが【WORLD LIBRARY(ワールドライブラリー)】です。

 

 

 

なぜだろう?

保育園では法人用でレンタルしているので、毎月何冊か入れ替わるんですよね。新しい本が並ぶ度に、WORLD LIBRARYの本棚には子どもたちが集まってくるんです。

本の質もよくて、子どもたちが好きなカラフルなものだったり、しかけ絵本や飛び出す絵本だったり、と様々です。

特に子どもたちってしかけ絵本が大好きなんですよね。

集中している子どもたちを見ていると、絵本の力ってすごいなぁと思います。

なにより世界の絵本に触れることができるのは、子どもたちの世界も広がるのかなぁと感じています。

 

わたしは法人用のレンタル版しか見ていないのですが、ここで紹介しているパーソナルは個人向けの定期購買です。

 

毎月1300円で自宅に届く

本1100円(税込)+200円(送料)です。

これはかなりお得です。

海外の絵本は値段も高いのですが、毎月1300円であのクオリティのものが毎月届くのは、かなり魅力的です。

もちろん、年会費なんてものはないので、途中で退会もできるので、そろそろ絵本もたまってきたし、十分だわ、と思えばやめられます。

 

年齢別のラインナップ

絵本は子どもの年齢に合わせて選定してくれます。

年齢としては1歳3か月~7歳までの子どもが対象で、いつでも加入できます。

もちろん早めに購入してあげたい!実年齢よりももうちょと難しいものを!と思えばそちらを選ぶことも可能です。

ただ、途中で配本コースの変更はできないようです。

すでに持っている絵本があればチェックしておくと別の絵本に変更してもらえるか、1000円相当の図書券は送られてくるので、それもありがたいですね。

 

世界の本、しかけ絵本、飛び出す絵本

世界の国々の絵本の翻訳版が読めるのは嬉しいですよね。

しかけ絵本のクオリティの高さには、驚きです。本当に!

前にも、子どもと一緒に見ていたのですが、どういう風になっているのかとか、しくみとかが気になって、子どもより夢中になってしまい、「先生、ちゃんと貸してって言ってから読んでよ」と叱られてしまいました(^^;)

なので、大人でも楽しめます。

ちなみにしかけ絵本はわが子にも購入したことがあるのですが、1冊2000円以上はかかったので、このPersonalはお得ですよね。もっと早くに知っていればよかった…と思っています。

 

英語の本、赤ちゃん向けの本もあります

ワールドライブラリーパーソナルは日本語翻訳版ですが、【英語版WORLD LIBRARY ENGLISH】もあります。

 

 

子どもの頃から英語に触れてほしい、という方はENGLISHシリーズもいいですね。

英語の絵本は、保育園にもおいてありますが、日本語の文字も読めない子どもが多い中、やはり絵で楽しめる絵本は英語だろうが、日本語だろうが、子どもたちにとっては関係ないようです。

 

赤ちゃん向けの絵本もあるので、出産祝いにもおすすめです。

 

 

 

この3冊セットの中にもある【あおいよるのゆめ】は寝る前に読む本としてもよかったです。

指を使って遊べたりするので、親子の触れ合いの時間にもなります。

夜、なかなか寝てくれない、寝かしつけ、どうしよう、という声もよく聞きます。

寝る前の本を決めておいて、この本を読んだら寝るんだ、という習慣づけにも役立ちます。

もちろん子どものお気に入りの本ならどれでもかまわないのですが、できればあまり興奮しない本で、ゆったりと読める本、気持ちが落ち着ける本がおすすめです。

 

 

絵本選びの参考になれば幸いです。